テラスハウスに一緒に住みたいな

テラスハウスの主題歌・挿入歌

□テラスハウスの主題歌はテイラー・スウィフト
テラスハウスの主題歌は、
米国で人気の歌手「テイラー・スウィフト」を起用。
タイトルは「We are never ever getting back together」。
テイラーらしい、さわやかな曲調の音楽ですね。
テイラー・スウィフトは現在22歳ですので、
実際にテラスハウスに出演している出演者とも同年代。
そのことも、番組と曲がうまくマッチしている
理由のひとつかもしれません。

アメリカで賞を総ナメにしていると言われる
テイラー・スウィフトが主題歌に起用されたということで、
この番組に対する意識が変化したといわれています。
AKBの北原里英さんが出演することで、
非常に大きな話題となったテラスハウスですが、
その主題歌がテイラー・スウィフトであるということが、
ますます話題を大きくすることになりました。

テラスハウスの舞台は、海。
その海の景色にもぴったりなこの主題歌が、
番組を盛り上げてくれることは間違いありません。

□この歌の歌詞がとても意味深い
テラスハウスの主題歌として起用されたこの歌ですが、
日本語歌詞の内容がとても深い、と言うことで話題になりました。
このサイトに詳しく書いてあります。
参考:テラスハウス 主題歌 歌詞に秘められた暗号とは

この歌の歌詞は、彼氏と付き合っていた女の子が、
ある日突然彼に「距離を置こう」と言われる
(つまり別れましょうといわれる)。
そのことに悲しむ女の子ですが、
今度は突然「やり直したい」と告げられます。
せっかく立ち直りかけていた女の子。
「私があの人とまたお付き合いをすることは、無い」
と何度も何度も言います。

ここがポイント。
「私は二度とあの人と付き合わない」
この歌詞を繰り返し聴いていると、
「ああ、相手の男の人のことがまだ好きなんだな」と思いませんか?
この歌詞に秘められているのは、一度「別れよう」といわれた
女性の悔しさ、そして「もう一度やり直したい」といわれたときの意地。
まだ好きなんだけど、素直になることができない・・・。

そんな、女心がとてもよく表現されているこの曲は、
切ない人間模様を見ることもできる
「テラスハウス」にぴったりだと思いませんか?
切なく歌うテイラーの歌声を聴いていると、この歌の歌詞が
「テラスハウス」の先をうらなっているのではないかな・・・なんて、
深読みをしてしまいます。

Comments are closed.